一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English
  • Bird-Eye-View in Rio de Janeiro

第4回ラテンアメリカ協会、インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー開催のご報告

一般社団法人ラテンアメリカ協会は、昨年12月11−12日の二日間、米国ワシントンDCにおいて米インターアメリカン・ダイアログ(IAD)との第4回共催セミナーを開催した。初日11日に米国政府や企業・研究機関並びに在ワシントンの中南米・日本関係者などの参加(約80名)を得てIADで開催された一般公開セミナーでは、「最新の日本のラテンアメリカ・カリブ(LAC)向け取り組み:新たな連携を目指して」とのテーマのもと、不透明感を増す現下の世界情勢の中で日本がどのようなビジョンと狙いをもってLAC諸国との連携強化に取り組んでいるか、具体的事例を交えて政府や民間企業の活動を議論する機会となった。(写真①)

先ず、外交的には、セミナーに参加した中前隆博外務省中南米局長が、12月1日にG20会合出席のためアルゼンチンを訪問中の安倍首相がマクリ・アルゼンチン大統領との会談時に表明した「日・中南米協力関係の更なるステップアップを目指す“連結性強化”構想」の背景と狙いを初めて詳しく説明し、日本政府の積極的な対LAC姿勢の表れとして出席者の関心を集めた。経済面での協力関係については、細野昭雄国際協力機構(JICA)研究所 シニア・リサーチアドバイザーらが、グローバル・バリューチェーンの観点から、日本企業のLACでのイノベーティブな事業展開や開発協力を紹介し、近年、LACで急速に存在感を高める中国のアプローチとの違いを強く印象づける議論が展開した。(写真②)

翌12日には、旧日本大使公邸で、国務省などの米政府機関・米大学・研究機関の代表や駐米ペルー大使など、約30名の専門家によるラウンドテーブルを実施し、「日本のLAC向け経済的関与:リスクと成果の検証」と「質の高い環太平洋経済関係の構築」という2つのテーマに分けて、最近の太平洋両岸の政治経済の変化を分析し、それが日本および日本企業の対LAC関与に及ぼす影響と今後の可能性を議論し、成功裡に二日間のセミナーを終えた。(写真③)

12月11日のセミナーのビデオ(英文字幕付き)

  • 12月11日のセミナーのビデオ(英文字幕付き)はこちらでご覧いただけます。
  • セミナーのプログラムはここからダウンロードできます。
  • セミナー概要は1月25日発行のラテンアメリカ時報1425号をご覧ください。
  • 12月12日のラウンドテーブルに提出された第1セッションペーパー「“TPP11 (CPTPP): Its Implications for Japan-Latin America Trade Relations at a Time of Heightened Risks” 「リスクが高まる国際経済においてTPP11 (CPTTP) が日・中南米貿易関係に示唆するもの」(桑山幹夫)はここからダウンロードできます。

写真①

写真②

写真③

講演会・セミナーのご案内

お知らせ

イベントのご案内

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

イベント開催案内


【大阪・サンパウロ姉妹都市協会】第9回ポルトガル語スピーチコンテスト

【日本ペルー経済委員会】ペルー・ビジネスセミナーのご案内

世界ふれあい街歩き「サンタクルス・デ・ラ・シエラ/ ボリビア」

シリーズ:中南米駐在大使が語る《激動する世界情勢の中のラテンアメリカ》 髙瀨 寧 駐メキシコ日本国大使講演会 「ロペス・オブラドール政権の内外課題と今後の日メキシコ関係」

シリーズ:中南米駐在大使が語る《激動する世界情勢の中のラテンアメリカ》山田 彰 駐ブラジル日本大使講演会 「ボルソナーロ新政権の発足と最新のブラジル情勢について」

最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

特集 ラテンアメリカへの米国トランプ旋風の波紋

  • トランプ政権の対ラテンアメリカ政策とは? -NAFTA再交渉を米国側からみる 今村 卓
  • トランプ政権下における米・キューバ関係 -現状と展望 梯 里奈
  • 中米移民の政治経済学 -オークション・ビザの社会実験へ向けて- 狐崎 知己
  • それでもホンジュラス人は米国を目指す -ホンジュラスにみる政府のガバナンス問題 中原 篤史
  • 間隙を突く中国の進出 -エルサルバドルの事例でみる米国のTPS・経済支援打ち切り表明と台湾との国交断絶- 齋藤 達哉・吉田 和隆

第4回 ラテンアメリカ協会、インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

(ワシントンDC, 2018年12月11~12日) 棟方 直比古

駐日大使インタビュー <第30回 パラグアイ>

 ラウル・アルベルト・フロレンテイン=アントラ駐日パラグアイ大使

 今年は日本パラグアイ外交関係樹立100周年 ―日本とのさらなる関係強化を期待 佐藤 悟

ラテンアメリカ時事解説

  • ブラジル大統領選挙結果をノルデスチで考えてみた -“苦渋の選択”だった 岸和田 仁
  • メキシコ進出企業のための労働法制に関する留意点 岡部 拓
  • ウルグアイの選択 -大麻禁止から規制管理への転換- 坂本 有紀
  • 捕鯨をめぐる国際的対立とラテンアメリカ諸国の動向 森下 丈二

33 カ国リレー通信 <第45回 メキシコ>

メキシコでのコンサルタント生活45年 滝本 昇

ラテンアメリカ随想

日本の古典をスペイン語の世界へ 伊藤 昌輝

ラテンアメリカ都市物語 第11回 アスンシオン

南米の真ん中、アスンシオン市  田中 裕一

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

  • ルポ 不法移民とトランプの闘い -1100万人が潜む見えないアメリカ
  • ルポ 不法移民 -アメリカ国境を越えた男たち
  • 知られざるキューバ -外交官が見たキューバのリアル
  • ブラセロ・プログラムをめぐる米墨関係
  • グローバル金融危機の衝撃と新興経済の変貌 -中国、インド、ブラジル、メキシコ、東南アジア
  • スペイン語で旅するおくのほそ道 SENDAS DE OKU
  • あけましておめでとう
  • 標的:麻薬王エル・チャボ
  • タンゴ 歴史とバンドネオン【新装版】
  • 島の「重さ」をめぐって -キューバの文学を読む
  • ヨーゼフ・メンゲレの逃亡
  • レゲエ入門 世界を揺らしたジャマイカ発リズム革命
  • 世界のピラミッド大事典

ラテンアメリカ・カリブ研究所の新設と研究員の公募

一般社団法人への移行に伴い研究機能強化を図ることを目的に「ラテンアメリカ・カリブ研究所」を新設しました。

活動のひとつとして、ラテンアメリカ研究を志す若手研究者に「研究員」(無給)の肩書を付与し協会の調査研究活動に協力していただける方を募集いたします。

詳細は、<協会>ラテンアメリカ・カリブ研究所をご覧ください。


一般社団法人ラテンアメリカ協会 | Facebookページも宣伝