一般社団法人 ラテンアメリカ協会
3184877559_e8bbb242ba_b
138810608_6ebcbee2f5_b
3404247622_d108c39216_o
4618989582_b98cb8db98_o
504021098_b0ac0428fd_b
598870663496
2052016429_508b8f4227_b
Cathedral of Bogota, built between 1807 and 1823
previous arrow
next arrow

講演会・セミナーのご案内

  国際協力銀行(JBIC)のラテンアメリカ業務の現状と今後〜資源エネルギー分野での取り組みと水素・アンモニアの可能性〜 稲葉裕常務執行役員(9月29日【木】午前10:00~11:30)
  ラテンアメリカなるほどトーク2022年度第6弾「ビジネスコンサルタントから見た日本企業のメキシコ進出」滝本昇氏(事業サポートストラテジー代表)(2022年11月10日【木】午前10:00-11:15日本時間)

お知らせ

  第39回ラテンアメリカ関連団体連絡会議 開催の報告 (2022年9月7日(水)開催)
  講演会報告:ラテンアメリカなるほどトーク2022年度第5弾「パナマ人と運河の 絆」ルベン・ロドリゲス・サム―ディオ 北海道大学法学研究科助教・パナマ共和国 弁護士
  講演会報告:山田 彰 大使講演会「安倍総理と中南米~Juntos!、日系社会との絆 ~」2022年9月7日
  一般公開 ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート「ロシアによるウクライナ侵攻で激変する国際社会(下):ラテンアメリカ・カリブ(LAC)諸国の立ち位置」桑山幹夫
  一般公開ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート「ブラジル10月総選挙―正副大統領、上下両院議員、州知事、州議会議員を同日で選出する世界最大級の選挙システムが問う成否」堀坂浩太郎
  一般公開 ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート<<ワシントン報告>>「最近のラテンアメリカの左傾化に関する一考」ホワイト和子 (2022年8月17日)
  一般公開 ラテンアメリカ・カリブ研究所レポート「大学ランキング2022年版から読み取れるラテンアメリカ高等教育の特性」桜井悌司

ラテンアメリカ新型コロナウイルス感染状況

ラテンアメリカにおける、新型コロナウィルスの感染状況は下記よりご覧いただけます。

ラテンアメリカ新型コロナウィルス感染状況

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

米国シンクタンク インターアメリカン・ダイアログとの年次共催セミナーの案内と2015年度からのセミナー概要報告は下記よりご覧になれます。

インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー

有識者インタビュー

政治・経済から社会・文化とさまざまな分野の有識者インタビュー。有識者「紹介」、「概要」は日本語、 「本文」は有識者の回答用使用言語で掲載しています。下記よりご覧になれます。

今回はルイス・アルベルト・モレノ前米州銀行総裁へのインタビューです。

有識者インタビュー

イベントのご案内

9月
29
2022
国際交流サービス協会からのお知らせ「2022年度秋 外務省在外公館専門調査員公募」
9月 29 終日

2022年度秋 外務省在外公館専門調査員試験の募集を開始しました。

外務省在外公館専門調査員とは、労働者派遣法の下で、わが国の在外公館(大使館、総領事館、政府代表部、領事事務所)に原則 2 年の任期をもって派遣され、在外公館の一員としてわが国の外交活動に資するため、語学力及び専門性を生かしつつ、在外公館長の指揮監督の下に、派遣国・地域の政治、経済、文化等に関する調査・研究及び館務補助の業務を行なうものです。

2022年9月1日現在、152公館に193名を派遣しています。
http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/sencho-01/sencho-02/

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため適切な対応を行い、試験を実施する予定で準備を進めておりますが、新型コロナウイルス感染症を取り巻く環境の変化に応じ、対策の内容追加・変更、試験の延期等をする可能性がございます。

1.募集期間

【日程】2022年9月15日(木)~10月13日(木)15:00(日本時間)

募集ポスト①(一覧)  
募集ポスト②(担当事項) 
*募集期間延長の予定はございません。
試験専用マイページ
応募資格

2.オンライン説明会(事前予約制)

【日程】2022年9月29日(木)19:00~20:00(日本時間)
【開催方法】Zoomによるオンライン開催
【申込期間】2022年9月26日(月)17:00(日本時間)まで
  *参加の申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S52301794/

申し込み頂いた方には、9月28日(水)に説明会参加者用のZoom URLを登録されたメールアドレス宛にご案内します。当日はそのURLからご参加ください。

3.一次試験(筆記試験)

*一次試験は東京・大阪の2会場で実施します。オンライン形式で実施する予定はございません。

【日程】一次試験:2022年10月23日(日)
【試験科目】外国語筆記・ポストの専門性に関する論文
【東京会場】CIVI研修センター秋葉原
【大阪会場】AP大阪淀屋橋 
【合格発表】2022年11月11日(金)

*新型コロナ対応について[PDF] 

4.二次試験(Web面接)

【日程】2022年11月18日(金)~11月29日(火)
*日時は受験者により異なります。協会が決定した日時の変更はできません。
【試験科目】 人物面接 15~20分程度・外国語面接 10~20分程度
【合格発表】 合格者のみ12月16日(金)以降順次メールで通知します。
*オンライン面接注意事項[PDF]

9月
30
2022
農林水産省からのお知らせ:【参加企業募集】 中南米アグリビジネスマッチング~日系農業者等とのビジネス交流・中南米現地視察~
9月 30 終日

農林水産省では中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業を実施しており、中南米諸国の日系農業者等と日本企業のビジネス交流を進めています。

世界の農業を牽引する中南米には農業・食産業分野に大きなポテンシャルがあり、210万人の日系社会の存在は日本企業の中南米市場展開への足掛かりになります。
現地での日本の農業分野の技術・商品への期待は高く、さらに健康食品として日本食が注目されています。

中南米日系農業者等とのビジネスにご関心がある方は、ぜひご応募ください!

【パンフレット】:http://www.nikkeiagri.jp/R4/doc/NikkeiAgriBusiness2022-23.pdf
農林水産省サイト:http://www.nikkeiagri.jp/R4/agribusiness.html#00

〇内容:①中南米アグリビジネス商談会(対面式)
      日程 :2022年10月25日(火)午後
      場所 :東京(農林水産省内会議室)
      参加者:中南米展開に関心を有する日本企業数社、中南米日系農業関係者
      ※場合により、会議室での商談ではなく企業訪問(10月~11月の期間、半日程度)をご相談することがあります。
     ②中南米現地視察
      日程案:2023年1月27日~2月6日(11日間)
      内容 :ブラジルを中心とした中南米の農業現場訪問・市場視察
      参加者:①に参加した日本企業の中から、2社程度の派遣を予定

〇対象 :中南米でのアグリビジネスに関心を有する日本企業

〇対象国:中南米諸国(ブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルー、コロンビア、メキシコなど)

〇応募 :2022年9月30日(金)正午まで
      応募ウェブサイト⇒ http://www.nikkeiagri.jp

〇選考 :①に参加した企業の中から、②の参加企業を選定いたします。

〇備考 :参加費無料、言語サポート(ポルトガル語・スペイン語への通訳)あり

〇事務局:中央開発株式会社 グローバルセンター Tel:050‐3199‐1712 E-Mail:nikkeiagri@ckcnet.co.jp

<詳細はウェブサイトをご覧ください> http://www.nikkeiagri.jp/

10月
1
2022
コロンビア大使館/PROCOLOMBIAからのお知らせ:コロンビア独立記念日(7月20日)関連各種イベント(7月20日~8月下旬ー10月10日)
10月 1 終日

1810年7月20日のコロンビア独立記念日を祝い、コロンビアを身近に体験できる様々なイベントがスタートいたします。

コロンビアを舞台にした映画作品『あなたと過ごした日に』の公開、無印良品 銀座でのコロンビア祭の開催、ボテロ展-ふくよかな魔法-など、多数ございます。

駐日コロンビア大使館はこれらのイベントを共催・後援するとともに、南米大陸の入口にあるコロンビアの文化・食・芸術・映像・音楽の魅力を伝えてまいります。コロンビアにとって特別な月、7月に開催されるさまざまなイベントを通じて、コロンビアの魅力を実感していただければ幸甚です。

オンラインでは下記リンクよりご案内をご覧いただけますが、併せてご案内をPDFにて添付いたします。
https://newscast.jp/news/0502379

20220715_7月コロンビアイベント情報[PDF]

コロンビア大使館通商部ではコロンビアの魅力をTwitter(@colombiatravelj)にて発信していますので、フォロー頂けますと幸いです。

【お問合せ】コロンビア大使館
電話: 03-3440-6451 / 03-5575-5970 (通商部)
Twitter: @EmbColombiaJap (全般)
@colombiatravelj (観光)
メールアドレス: ejapon@cancilleria.gov.co
japan@procolombia.co (通商部)

10月
4
2022
法人会員 日本電気株式会社よりのお知らせ: “共に未来を描き、ビジョンを語り合う9日間”「NEC Visionary Week (NVW)2022」
10月 4 – 10月 8 終日

法人会員 日本電気株式会社よりのお知らせ: “共に未来を描き、ビジョンを語り合う9日間”「NEC Visionary Week (NVW)2022」

9/12(月)- 9/16(金)Visionary Track
10/4(火)- 10/7(金)Business Track
公式サイト:https://event.nec.com/event/fef92439-f4e4-40bb-b949-f49f6f8c0dbd/summary
申込みサイト:https://event.nec.com/event/fef92439-f4e4-40bb-b949-f49f6f8c0dbd/regPage:63ceb677-ca6e-4aac-a329-62aa63ae2523

世界がオープンにつながる今、大きな変化とリスクに直面しています。

このような世界課題を解決するために、私たち企業に求められる姿勢とは。

NEC Visionary Week 2022 は「Truly Open, Truly Trusted 」をテーマに開催。

今、NECは「Truly Open, Truly Trusted」というキーワードのもと、あらゆる企業活動を推進してまいります。

私たちにはミッションクリティカルを支えながら培ってきた、信頼に裏打ちされた技術があります。

みなさまと共に、技術を正しいことに使い、オープンイノベーションを加速させ、社会インパクトを最大化し、All share benefit の世界を実現します。

NVWリーフレット詳細版_20220905

10月
6
2022
ドス・オリエンタレス日本ツアー(10/6~11/7)
10月 6 @ 19:00 – 21:00

ドス・オリエンタレス日本ツアー(10/6~11/7)

2年間の沈黙を破り、南米の至宝ウーゴ・ファトルーソが来日、ヤヒロトモヒロとの待望のドス・オリエンタレスLIVEツアーが日本各地で開催されます。

Dos Orentales:
Hugo Fattoruso(pf,acc,vo,perc)from ウルグアイ、
ヤヒロトモヒロperc

https://www.dosori.com/
日時:10/6(木) 開場 19:00 開演 19:30 
料金:¥4,400税込 ¥4,000+税(1DRINK付)
会場:新宿ピットイン 夜の部 
インターミッションアクト:笹久保 伸g

その他、日本各地でライブ予定。
※詳細・スケジュールは下記をご覧ください。

http://tomohiro.yahiro-blog.main.jp/?eid=1432659

AFS友の会からのお知らせ「ZOOMネットワーキング10月の集い」:ホワイトハンドコーラス〜音楽でつなぐ未来
10月 6 @ 20:00 – 21:30

主催  :AFS友の会
講師  :駐日ベネズエラ大使夫人コロンえりかさん(声楽家)
日時  :2022年10月6日(木) 20:00- 21:30 講演会 
会場  :ZOOMオンライン
参加料 :無料
申込締切:2022年10月5日(水)

お申込みは次のURLから:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfPW_Ay58gRbb4isU9-u5kr95EjQCwk3WLPDyhjK7lhywK9Tg/viewform
(「tomo@afs.or.jp(共有なし)アカウントを切り替える*必須」という表示が出てきますが、この表示は無視して下のお申込み画面に進んでください。)

AFS友の会ではコロナ感染拡大の中、様々な分野でご活躍の方々を講師にお招きする「ネットワーキングの集い」をZOOMオンラインで開催しています。

10月はオペラ歌手として活躍なさる一方、音楽を通じて幅広く社会貢献活動を続けられるコロンえりかさんを講師にお迎えいたします。

コロンえりかさんはベネズエラ生まれ。聖心女子大学・大学院で教育学を学んだ後、英国王立音楽院を優秀賞で卒業。同年ウィグモア・ホール(ロンドンにある世界最高峰コンサートホールの一つ)デビュー。イタリア、フランス、イギリスを舞台にバロック期のオペラ上演や現代曲の初演も数多く経験。日本では井上道義総指揮、野田秀樹演出の「フィガロの結婚」や、渡辺俊幸作曲オペラ「禅」などに出演。東日本大震災以降、日本でも始まったエル・システマ(1975年に創設されたベネズエラの音楽教育プログラム)の活動に精力を注ぎ、ホワイトハンドコーラスNIPPONの芸術監督として、耳の不自由な子どもを含む様々な障がいを持つ子どもたちに音楽を教える。2019年東京国際声楽コンクールでは、史上初めてグランプリ部門、 歌曲部門の両部門で優勝。2020年5月キングレコードよりCD「BRIDGE」をリリース。駐日ベネズエラ大使夫人、4児の母としても多忙な日々を送っておられます。

障がいの有無に関わらず、子ども誰もが参加し、白い手袋をはめて表現し、歌い、奏でる “ホワイトハンドコーラス”は今、大きな感動を呼び、注目を集め、多方面で紹介されつつありますが、この機会に多くの皆様にもお伝えしたいと思います。お仲間、お知り合いにもお声をかけ、お誘いいただけますようお願いいたします。もちろん、AFS以外のみなさまのご参加も大歓迎です。

いままでのAFS友の会活動レポートはこちらからご覧いただけます。
https://www.afs.or.jp/category/reports/tomonokai-reports/

****************************

<AFS友の会とは>

AFSは世界大戦中に傷病兵の救護輸送に携わったアメリカのボランティア組織(American Field Service)から出発した国際的な教育交流団体で、その日本組織である公益財団法人AFS日本協会は60年以上の歴史を持つ高校生交換留学のパイオニアです。平和と相互理解をめざし国際的視野を持つ地球市民を育てるため、さまざまな異文化と接する機会を提供することを活動の目的としています。

 AFS友の会はAFSプログラムの参加者だけでなく、ボランティア、ホストファミリー、ホストスクール、派遣生保護者など、AFSに関わったことのある人、またAFSに関心のあるすべての人を対象とし、様々なネットワーキング活動やイベントを通じて、AFS活動の継続・発展への協力をめざすネットワークです。イベントのお知らせをメール配信しております。メール配信を希望する方は参加申込フォームに該当箇所がありますのでご記入ください。尚、今回参加はしないが、メール配信を希望する場合は、その旨をtomo@afs.or.jpにご連絡下さい。

****************************

AFS友の会事務局

担当: 片山 愛子

〒105-0001東京都港区虎ノ門3-18-16 虎ノ門菅井ビル6階 

公益財団法人AFS日本協会内

E-mail: tomo@afs.or.jp

10月
7
2022
日本・メキシコ芸術文化セミナー
10月 7 @ 18:00 – 19:00

日本・メキシコ芸術文化セミナー

日時:10月7日(金)18:00-
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京及びオンライン
言語:日本語
入場料無料、要予約

詳細・申込みは下記をご覧ください。
https://seminario-mexico-japon.peatix.com/view

 メキシコ日本芸術文化研究常設セミナーが、4年間の学術研究と芸術振興活動の成果の発表をインスティトゥト・セルバンテス東京にて行います。
 本セミナーはメキシコシティで設立され、美術史、文学、演劇、教育、写真、映画など、多岐に渡る分野の専門家で構成される団体です。その活動指針は文化芸術の分野における日本とメキシコとの芸術と文化にある関係を深めることにあります。
 従来の根幹を揺るがし、新たなジレンマに直面する複雑な現代世界において、このような国と国との相互協力と理解はとても重要な意味を持ちます。
 在日メキシコ大使館協力の元開催される本イベントでは、セミナーとして初めての論文集「メキシコ日本芸術文化研究常設セミナー試論集 第1巻:文化交差へのまなざし」、及び日本で編集され、セミナーのメンバーによって編集された雑誌「ときどき百姓・ルーラルマガジン」の出版を発表を行います。最後に、メキシコの脚本家アレハンドラ・カストロによる紙芝居で行う能作品『サクベ・ロホ』を上演します。
 皆様のご参加をお待ちしております。

登壇者・出演者:
アマディス・ロス: 作家、学者。国立造形芸術研究ドキュメンテーション・情報センター研究者。 サイエンス・フィクション、現代学、日本の大衆文化、メソアメリカ文明の専門家。

横井川 美貴: 視覚芸術およびメディア芸術博士。イダルゴ州自治大学芸術研究所教授。専門は現代美術。

有村 理恵: メキシコ国立自治大学 (UNAM) で美術史の博士号を取得。 UNAM、ENES モレリア教授。専門はコロニアルアート、南蛮アート。

アンドレス・カマチョ: スペイン、コルドバ大学で言語学の博士号を取得。専門は武士の自死、現代日本における女性の役割、20 世紀日本文学における現代思想の影響。

アラセリ・レボロ: ロドルフォ・ウシグリ国立劇場研究・ドキュメンテーション・情報センターメンバー。舞台監督、プロデューサー、文化マネージャー。副王統治時代及びイベロ・アメリカン・シアターを専門とする UNAM 教授。

マリエル・ロドリゲス: 女優。マルチメディアアーティスト、マネージャー、プロデューサー。 演劇、短編映画、展示会、フェスティバル、パフォーマンスなど多岐にわたるクリエイティブな分野で活動。

10月
11
2022
愛知大学国際問題研究所から講演会のお知らせ:『ラテンアメリカから見た中国と 日本』 山田 彰 外務省参与、前駐ブラジル・元駐メキシコ日本国特命全権大使
10月 11 @ 13:00 – 14:30

 <詳細は、http://edu.aichi-u.ac.jp/aiia/event/2701 をご覧ください。>

 日 時:2022年10月11日(火) 13:00~14:30(日本時間)
 形 式:オンライン(Zoomウェビナー)
 テーマ:『ラテンアメリカから見た中国と日本』
 講演者:山田 彰 外務省参与、前駐ブラジル・元駐メキシコ日本国特命全権大使
 コメンテーター: 加治 宏基 氏(愛知大学現代中国学部教授・国際中国学研究センター(ICCS)運営委員)
 言 語:日本語
 参加費:無料(要申込)
 定 員:オンライン150名 先着順
 申込締切:10月5日(水) まで(定員に達し次第、受付終了とさせいただきます。)
 主 催:愛知大学国際研究機構 
 —————————————–
 参加をご希望の方は、愛知大学国際問題研究所HPの下記受付URLからお申込みください。
 (お電話・FAXでの受付は行っておりません)
 受付URLhttp://edu.aichi-u.ac.jp/aiia/event/2701
 —————————————–
 
<ご連絡>
10月7日に、お申込み時に頂いているメールアドレスへ、参加に必要なURLをお送りいたします。
その際、「info-aiia@ml.aichi-u.ac.jp」からのメールを受信できるようにご自身のメールの設定をお願い致します。
10月7日に、メールが届かない場合は愛知大学国際問題研究所HPお問合わせフォームよりご連絡ください(メールが迷惑メールに入っていないかご確認の上、ご連絡をお願いします)。

◆◇連絡事項◇◆
※本イベントは、WEB会議ツール「Zoom」を用いて行われます。
※WEB会議ツールの使用方法・操作方法については、サポートできませんので、事前にご利用のPC・スマートフォン等で「Zoom」が利用可能かご確認ください。使用環境によっては通信が不安定になったり、不具合が生じたりする可能性がございます。ご了承ください。
※ご不明な点等がございましたら、kokken@ml.aichi-u.ac.jp 宛にお知らせください。

10月
13
2022
国際交流サービス協会からのお知らせ「2022年度秋 外務省在外公館専門調査員公募」
10月 13 終日

2022年度秋 外務省在外公館専門調査員試験の募集を開始しました。

外務省在外公館専門調査員とは、労働者派遣法の下で、わが国の在外公館(大使館、総領事館、政府代表部、領事事務所)に原則 2 年の任期をもって派遣され、在外公館の一員としてわが国の外交活動に資するため、語学力及び専門性を生かしつつ、在外公館長の指揮監督の下に、派遣国・地域の政治、経済、文化等に関する調査・研究及び館務補助の業務を行なうものです。

2022年9月1日現在、152公館に193名を派遣しています。
http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/sencho-01/sencho-02/

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため適切な対応を行い、試験を実施する予定で準備を進めておりますが、新型コロナウイルス感染症を取り巻く環境の変化に応じ、対策の内容追加・変更、試験の延期等をする可能性がございます。

1.募集期間

【日程】2022年9月15日(木)~10月13日(木)15:00(日本時間)

募集ポスト①(一覧)  
募集ポスト②(担当事項) 
*募集期間延長の予定はございません。
試験専用マイページ
応募資格

2.オンライン説明会(事前予約制)

【日程】2022年9月29日(木)19:00~20:00(日本時間)
【開催方法】Zoomによるオンライン開催
【申込期間】2022年9月26日(月)17:00(日本時間)まで
  *参加の申込み:https://ws.formzu.net/fgen/S52301794/

申し込み頂いた方には、9月28日(水)に説明会参加者用のZoom URLを登録されたメールアドレス宛にご案内します。当日はそのURLからご参加ください。

3.一次試験(筆記試験)

*一次試験は東京・大阪の2会場で実施します。オンライン形式で実施する予定はございません。

【日程】一次試験:2022年10月23日(日)
【試験科目】外国語筆記・ポストの専門性に関する論文
【東京会場】CIVI研修センター秋葉原
【大阪会場】AP大阪淀屋橋 
【合格発表】2022年11月11日(金)

*新型コロナ対応について[PDF] 

4.二次試験(Web面接)

【日程】2022年11月18日(金)~11月29日(火)
*日時は受験者により異なります。協会が決定した日時の変更はできません。
【試験科目】 人物面接 15~20分程度・外国語面接 10~20分程度
【合格発表】 合格者のみ12月16日(金)以降順次メールで通知します。
*オンライン面接注意事項[PDF]

10月
15
2022
アンデス文明研究会 オンライン定例月次講座「ペルー中央高地南部アヤクーチョ州におけるワリ研究の進展」
10月 15 @ 13:30 – 15:00

アンデス文明研究会 オンライン定例講座案内 (第91期2022年度10月~12月)
(秋期はアンデス古代文明関連講座)

【日 時】 2022年10月15日(土)13:30~15:00 (オンライン)
【講 師】 土井 正樹(関西外国語大学准教授)
【テ-マ】 「ペルー中央高地南部アヤクーチョ州におけるワリ研究の進展」
【ご注意】 レコ-ディング(録音)、写真撮影・引用等は不可 
【受講料】 以下のアンデス文明研究会 HP ご参照
      https://andesken.jimdofree.com/
【オンライン講座ご参加の方法】
      2022年度の年会費・受講料の支払いの方へは(受領確認後)受講日の2日前までに講座参加のための Invitation のURL及びID・パスワ-ドをお知らせするので、振込次第、メ-ルで下記宛てにご連絡をお願いします。
【参加申込メール送付先】
To: andesken55@gmail.com
Cc: kazum.mori@nifty.com

「アストライアの会」からのお知らせ:「世界古代文明の謎を探る」(66)神々の集う都・テオティワカン:松本亮三 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長
10月 15 @ 14:00 – 17:00

ーケツァルコアトル(蛇神)は何を語るのかー

およそ紀元前6~2世紀に栄えたこの古い都市文明は、その後急速に衰退し滅亡する。廃墟となった遺跡を見たアステカ人は余りの規模の大きさに、人間が作った物とは思われず、テオティワカン(神々の座所)と名付け、後々まで崇拝の対象としたという。

区画されて整然と並ぶ遺跡群の中央に幅40m、全長5kmもの「死者の道」が通っている。人口は15~20万人と推測され、下水道も完備された、高度な建築技術を持つ当時のアメリカ大陸最大の都市文明であった。

現在のメキシコシティを始め、この一帯には古くから「聖なる山」への信仰が有り、天へとそびえる山の内部には楽園が有ると考えられ、「月のピラミッド」はその象徴であった。また「太陽のピラミッド」の真下には地下洞窟が伸びている。天空世界と地下世界が交わる神聖な場所、それがテオティワカンであった。現在この壮大な遺跡のわずか8分の1程度しか発掘調査は進んでおらず、王の墓も文字記録も見つかっていない。民族の詳細や、なぜ滅んだのか、未だ多くの謎に包まれたままである。

<案内文PDF>
「アストライアの会」からのお知らせ:「世界古代文明の謎を探る」(66)神々の集う都・テオティワカン:松本亮三 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長[PDF]

主 催 アストライアの会  
協 力 日本ペルー・チリ協会 日本セカンドライフ協会  
ゲスト 松本亮三さん 東海大学名誉教授 比較文明学会副会長 
日 時 令和4年10月15日(土)午後2時から5時
会 場 豊島区イケビズ第1会議室(池袋駅西口より消防署先き、徒歩約9分)
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 画像を駆使したビジュアルなお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで  info@asutoraia.com

10月
20
2022
第5回ベネズエラ映画祭
10月 20 @ 18:30

第5回ベネズエラ映画祭

10月20日から10月30日まで、オンラインでベネズエラ映画をご覧いただけます。

料金:1作品700円。

詳細は下記をご覧ください。
https://venfilmfestjapan.com/

※オープニング上映は、インスティトゥト・セルバンテス東京の会場で開催されます。

第5回ベネズエラ映画祭(日本)オープニング上映

日時:10月20日(木)18:30-
会場:インスティトゥト・セルバンテス東京
入場無料、要予約
https://cine-venezolano2022.peatix.com/view

フリーカラー
監督 アルベルト・アルヴェロ
カルロス・クルス・ディエスは、世界で最も重要なキネティック・オプティック・アーティストの一人です。94歳になったクルス・ディエスは、色彩を形から解放するという新たな挑戦を自らに課しています。
上映時間:70分 字幕: 日本語

Cap 2 Intentos
カルロス・オテイザ監督
ベネズエラにおけるカルロス・アンドレス・ペレス政権の2つの政権の背後にある歴史。
上映時間:100分 字幕: 日本語

パピータ・マミ・トストン2 
ルイス・カルロス・ヘェック監督
7歳のカルリトスの親となったアンドレスとジュリッサは、ライバルチームの熱狂的なファンであり、ビセンテ(ジュリッサの父)に反対されながらも、家族として幸せに暮らそうと奮闘している。
上映時間:115分 字幕: 日本語


最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。(クレジットカード支払い可)詳しくはお問い合わせ下さいませ。

青文字になっている箇所をクリックすると、当該記事PDFダウンロード案内ページへ遷移します。 ダウンロードは会員様限定となっておりますので、ご了承下さい。

ラテンアメリカ時報 2022年夏号(表紙カバー)

特集 多様なCARICOM(カリブ共同体)の世界と日本

CARICOM諸国 最近の政経・外交情勢

CARICOMへの最近のODA等状況

駐日大使インタビュー  <第42回 エルサルバドル>

ディエゴ・アレハンドロ・ダルトン・ロサレス駐日エルサルバドル共和国大使 ビットコインで新たな可能性を拓く―日本との協力と交流の拡大に期待- 佐藤 悟<

ラテンアメリカ時事解説

33か国リレー通信 <第59回 ブラジル>

33か国リレー通信 <第59回 ブラジル>  ジャングルだけではないアマゾン 関口 ひとみ

ラテンアメリカ随想

ラテンアメリカ随想 遙かなる隣国ペルー 片山 和之<

ラテンアメリカ都市物語 <第25回 グアダラハラ(メキシコ)>

ラテンアメリカ都市物語 <第25回 グアダラハラ(メキシコ)> グアダラハラ市 原始的欲求から大都市への変貌 岡部 拓

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

ラテンアメリカ協会 Facebookページ

一般社団法人ラテンアメリカ協会