一般社団法人 ラテンアメリカ協会
Japanese English
  • Bird-Eye-View in Rio de Janeiro

第4回ラテンアメリカ協会、インターアメリカン・ダイアログ共催セミナー開催のご報告

一般社団法人ラテンアメリカ協会は、昨年12月11−12日の二日間、米国ワシントンDCにおいて米インターアメリカン・ダイアログ(IAD)との第4回共催セミナーを開催した。初日11日に米国政府や企業・研究機関並びに在ワシントンの中南米・日本関係者などの参加(約80名)を得てIADで開催された一般公開セミナーでは、「最新の日本のラテンアメリカ・カリブ(LAC)向け取り組み:新たな連携を目指して」とのテーマのもと、不透明感を増す現下の世界情勢の中で日本がどのようなビジョンと狙いをもってLAC諸国との連携強化に取り組んでいるか、具体的事例を交えて政府や民間企業の活動を議論する機会となった。(写真①)

先ず、外交的には、セミナーに参加した中前隆博外務省中南米局長が、12月1日にG20会合出席のためアルゼンチンを訪問中の安倍首相がマクリ・アルゼンチン大統領との会談時に表明した「日・中南米協力関係の更なるステップアップを目指す“連結性強化”構想」の背景と狙いを初めて詳しく説明し、日本政府の積極的な対LAC姿勢の表れとして出席者の関心を集めた。経済面での協力関係については、細野昭雄国際協力機構(JICA)研究所 シニア・リサーチアドバイザーらが、グローバル・バリューチェーンの観点から、日本企業のLACでのイノベーティブな事業展開や開発協力を紹介し、近年、LACで急速に存在感を高める中国のアプローチとの違いを強く印象づける議論が展開した。(写真②)

翌12日には、旧日本大使公邸で、国務省などの米政府機関・米大学・研究機関の代表や駐米ペルー大使など、約30名の専門家によるラウンドテーブルを実施し、「日本のLAC向け経済的関与:リスクと成果の検証」と「質の高い環太平洋経済関係の構築」という2つのテーマに分けて、最近の太平洋両岸の政治経済の変化を分析し、それが日本および日本企業の対LAC関与に及ぼす影響と今後の可能性を議論し、成功裡に二日間のセミナーを終えた。(写真③)

12月11日のセミナーのビデオ(英文字幕付き)

  • 12月11日のセミナーのビデオ(英文字幕付き)はこちらでご覧いただけます。
  • セミナーのプログラムはここからダウンロードできます。
  • セミナー概要は1月25日発行のラテンアメリカ時報1425号をご覧ください。
  • 12月12日のラウンドテーブルに提出された第1セッションペーパー「“TPP11 (CPTPP): Its Implications for Japan-Latin America Trade Relations at a Time of Heightened Risks” 「リスクが高まる国際経済においてTPP11 (CPTTP) が日・中南米貿易関係に示唆するもの」(桑山幹夫)はここからダウンロードできます。

写真①

写真②

写真③

講演会・セミナーのご案内

お知らせ

イベントのご案内

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イベント開催案内


講演会 メキシコの政治・経済動向と改編NAFTA 峯村直志 日本貿易振興機構(ジェトロ)前メキシコ事務所長

プロジェクト・オンブレ来日講演&ワークショップ

濱田岳アマゾン体感 暴れ怪魚と猛牛大移動

ETV特集 移住 50年目の乗船名簿 3「異郷に生きる」

渡邉 優 前駐キューバ大使帰朝講演会「キューバ共和国の最新情勢と今後の展望」

最新の季刊誌のご案内

季刊誌は会員様には無料でご提供させて頂きます。非会員様には、1,250円にてご郵送させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

ラテンアメリカ時報2018年秋号

ラテンアメリカ協会創立60周年に寄せて

-ラテンアメリカ協会 会長 佐々木幹夫

複雑化する移民・難民問題とそのインパクト

  • 米国から見るラテンアメリカからの流入移民問題―国内世論と政策の関係性 -水谷 裕佳
  • 移民の経済学 -中米移民の動向と郷里送金の重要性 -桑山 幹夫
  • 南米に広がるベネズエラ移民、生活苦で160万人脱出-周辺国が対応に苦慮、住民との摩擦も -宮本 英威
  • コスタリカと難民 -米州の国際人口移動の緩衝地帯として-青木 元
  • 移民に依存するエルサルバドル -移民送金の実態、米国トランプ政権移民政策の影響 -安永 幸代・藤城 一雄
  • 子ども・若者たちはなぜ「北」を目指すのか? -メキシコ・中米に広がる格差と暴力 -工藤 律子

駐日ラテンアメリカ大使インタビュー<第29回 ペルー共和国>

ハロルド・フォルサイト駐日ペルー大使

「ペルーは自由開放経済政策を堅持 ―日本からの投資に期待― -佐藤 悟

ラテンアメリカ時事解説

  • コロンビア大統領選と和平合意の行方-田村 剛
  • 2018年メキシコ大統領選挙とロペス・オブラドール次期政権 -大沼 寛
  • チリで世界最高の赤外線宇宙観測に挑む-東京大学アタカマ天文台(TAO) -吉井 讓
  • ワールドカップ・ロシア大会の熱狂とラテンアメリカの悲喜こもごも -沢田 啓明

33 カ国リレー通信 <第44回 ペルー>

ペルー料理界への偉大な遺産-名だたるシェフたちが参集したある和食料理人の追悼晩餐会 -原田 慶子

ラテンアメリカ随想

2018年メキシコ大統領選挙 -高瀬 寧

連載 ラテンアメリカ都市物語<第10回>

サンパウロ ささやかな醍醐味を味わっておきたい-細川 多美子

ラテンアメリカ参考図書案内 桜井 敏浩

  • 日本人と海外移住 -移民の歴史・現状・展望
  • 歴史は実験できるのか -自然実験が解き明かす人類史
  • ギャングを抜けて。-僕は誰も殺さない
  • キューバと日本 -知られざる日系人の足跡-
  • トリニダード・トバゴ -カリブの多文化社会
  • 被抑圧者の教育学50 周年記念版
  • 移民の町 サンパウロの子供たち
  • タンゴと日本人
  • ウルフ・ボーイズ -二人のアメリカ人少年とメキシコで最も危険な麻薬カルテル
  • ノモレ56
  • グアテマラを知るための67 章【第2版】
  • ラテンアメリカ所得格差論 -歴史的起源・グローバル化・社会政策

ラテンアメリカ・カリブ研究所の新設と研究員の公募

一般社団法人への移行に伴い研究機能強化を図ることを目的に「ラテンアメリカ・カリブ研究所」を新設しました。

活動のひとつとして、ラテンアメリカ研究を志す若手研究者に「研究員」(無給)の肩書を付与し協会の調査研究活動に協力していただける方を募集いたします。

詳細は、<協会>ラテンアメリカ・カリブ研究所をご覧ください。


一般社団法人ラテンアメリカ協会 | Facebookページも宣伝